会社案内

会社案内

ご挨拶

さまざまな製品と消費者をつなぐ架け橋となる包装パッケージ。
その役割は、現代のあらゆるビジネス、流通シーンに不可欠となっています。
当社は、創業以来、この包装パッケージの分野で確かな実績を上げる、 印刷・ラミネート・スリッター・製袋加工のトータルカンパニーです。 蓄積した技術とノウハウ、そして包装に寄せる真摯な心は、製品に込められた発想、コンセプトを具現化する確かな原動力となっています。
私たちはこれからも、包装パッケージのあらゆるニーズに即応するトータルカンパニーとして、皆様の信頼にお応えしてまいります。
代表取締役 遠藤 佳男


会社概要

会社名 株式会社マルタカ (英文社名:K.K.MARUTAKA Ltd.)
所在地 本社
〒270-0107
千葉県流山市西深井字大堺1028-23
流山工業団地内
TEL:04-7152-5200(代表)
マップ
東京営業所 〒101-0032
東京都千代田区岩本町2丁目15番10号NBビル3階
マップ
代表者 代表取締役会長  髙橋 啓治
代表取締役社長  遠藤 佳男
創業 昭和 41年4月 (組織名:髙橋加工所)
設立法人 昭和 48年4月 (組織名:株式会社マルタカ)
資本金 3,000万円
敷地面積 4,125㎡
建物面積
(床面積)
6,319㎡
従業員 120名 (平成30年3月末現在)
事業内容 グラビア印刷加工 / デジタル印刷加工 / ドライラミネート加工 / スリット加工 / 各種製袋加工
外観写真

沿革

1966年 創業 (名称:髙橋加工所)
輸出用の室内履スリッパの外袋加工を開始
1985年 グラビア印刷開始
1990年 株式会社マルタカに社名変更
1991年 流山工業団地へ進出 (5工場を集中化)
2007年 印刷工場・製袋工場を増築、新設備導入
2010年 グリーンプリンティング 認証取得(本社工場)
2011年 工場・倉庫増築
2012年 ISO9001:2008 JIS Q 9001:2008 認証取得(本社工場)
2013年 ISO14001:2004 JIS Q 14001:2004 認証取得(本社工場)
2014年 ドライラミネーター設備導入
2017年 東京営業所 開設
2018年 デジタル印刷機導入

顧客奉仕

短納期化と高品質化で、ご奉仕するマルタカ

創業以来、企画会社・商社・問屋など、様々なお客様からご愛顧頂く、株式会社マルタカ。

私たちが経営理念の第一に掲げるのが、こうしたお客様への奉仕に他なりません。
例えば 「納期の短縮」 はその一例。製品のライフサイクルが短縮化の一途を辿り、多品種少量生産も求められる今、
納期の短縮は必須の課題となっています。
もちろん、「品質の向上」 も欠かせないポイント。私たちはこれらのモットーをご発注いただくお客様への確かな貢献をお約束いたします。

社会貢献

働く社員の幸福を追求して、社会への貢献を

株式会社マルタカの経営理念。そのもうひとつの側面が社員の幸福と社会貢献。

私たちは、社員が生き生きと働ける環境があって初めて、企業は成長すると考えています。
この考え方を元に、福利厚生の面も充実。また、人材の育成、より高度な技術の修得にも力を注いでいます。
社員の幸福を追求し、その結果を社会への貢献へ。
私たちは、顧客ニーズに対応しうる社員の育成を通じて、その幸福と社会への貢献を果たしてゆきます。

品質方針

この品質方針は顧客に満足を頂ける製品を提供するために定めた指針である。
(1) 当社の経営理念を果たすため、顧客が求めている品質の製品を安定的に供給し続ける。
(2) 品質方針の具体的な項目は下記の通りである。
1.  顧客のニーズに応え、自信を持って提供できる製品を加工する。
2.  顧客が求めている品質の製品を安定的に供給し続けるため、一人ひとりが与えられた責務を果す。
3.  高度な品質要求にも対応できるように、現状に満足することなく、常に向上心を持ち技術向上に努める。
4.  働くことに喜びを持ち、社会に貢献する。

環境方針

環境と調和した豊かな循環型社会を目指し企業活動を通じて地球環境に貢献する。
(1) 当社は事業活動及び製品・サービスに伴う環境影響を特定し、
環境目的・目標を設定し、定期的見直しを行い継続的な改善に努める。
(2) 適用される法規制を遵守すると共に汚染の予防に努める。
(3) 環境保全に取り組みリサイクルの配慮や廃棄物の削減や騒音等の環境負荷の削減に努める。
(4) 省エネ。省資源を推進し資源の有効活用に努める。
(5) グリーン製品の開発に努める。
(6) 環境配慮資材の優先購入に努める。
(7) 社員への環境教育を実施し環境意識の高揚に努める。

環境設備:ドライラミネータ排気処理用 触媒式燃焼処理装置

ドライラミネータ排気処理用 触媒式燃焼処理装置
ドライラミネート機から排出されるVOC(Volatile Organic Compounds 揮発性有機化合物の略)などを触媒式燃焼処理装置にて水と二酸化炭素に酸化分解し、無害・無臭化する装置です。
また燃焼時に熱せられた空気をドライラミネート機に取り込み乾燥用の熱風として再利用します。

各種認定

■GP認定工場(本社工場)

認 定 社団法人日本印刷産業連合会
グリーンプリンティング認定事務局
連絡先 東京都中央区新富 1-16-8 日本印刷会館8階
電話; 03-3553-6051
部 門 グラビア印刷部門
認定番号 F-H30030

■ISO9001(本社工場)

仕様規格 ISO9001-2015
認証番号 ISAQ648

■ISO14001(本社工場)

仕様規格 ISO14001-2015
認証番号 ISAE293
本工場は環境に配慮したGP認定工場です。
ISO9001 ISO9001
  • 会社案内
  • 商品サンプルと特長
  • デジタル印刷