デジタル印刷のご案内

デジタル印刷機

技術仕様

5色印刷 ホワイト、シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック ※最大7色印刷
印刷速度 5色 25m/分(片面)
印刷解像度 812dpi/ 8ビット(標準モード)
2438×2438dpi /HDI(高解像度モード)
印刷線数 175, 180, 180m, HMF-200
二度通し(追い刷り) ホワイト(片面のみ)
指定生地巾/デザイン有効巾740mm/720mm
指定生地巾/デザイン有効巾

加工概要

印刷仕様 ・片面5色印刷/両面各5色印刷
加工対象製品 ・表刷り
・裏刷りラミネート品
※ 裏刷り単体の製袋品は加工不可となります。
加工可能生地 ・OPP
・PET
・パール紙 …etc.
※ その他実績のないものはご相談の上テストさせて頂きますのでお気軽にお問合せ下さい。

デジタル印刷とは

当社では従来のグラビア印刷に加え、デジタル印刷を導入する事により今までは出来なかった新しいご提案をご用意しています。

① 版レス

従来のグラビア印刷とは違い、入稿データをダイレクトに印刷しますので製版の必要がありません。グラビア印刷では見当ズレが起きてしまうような難しいデザインもデジタル印刷であれば心配いりません。

版レス

② 小ロット対応

小ロット対応

従来のグラビア印刷ではロットの大小にかかわらず、版の作製に大きなコストが発生します。デジタル印刷では小ロットの場合、版レスによるコストダウンが見込めます。

③ デザイン変更

グラビア印刷ではデザインを変える毎に製版を行う必要がありますが、デジタル印刷では版レスの為、気軽にデザインを変えることができます。また、複数のデザインをそれぞれ必要な枚数同時にご注文頂く事も可能です。※デザイン数によって、費用が変動しますのでご注意下さい

デザイン変更

ご提案

・デジタル印刷を活用したパッケージ提案
・デジタル印刷でしかできない付加価値
グラビア印刷では考えられなかったフローをご提案し、市場価値の高いパッケージを製造することが可能です。付加価値の高いパッケージで商品のパフォーマンスを向上できます。

① 販促用パッケージ

小ロット対応によりイベントごとに限定感の強いパッケージを作製する事で、消費者の購買意欲を高める事が出来ます。また、多品種小ロットの商材ではグラビア印刷よりもコストパフォーマンスを発揮し、在庫過多も解消する事が出来ます。

販促用パッケージ

② 市場マーケティング

市場マーケティング

マーケティングを踏まえた小ロット展開ではデジタル印刷を用い、デザインをブラッシュアップした上でグラビア印刷にて大ロット展開を行う事で市場に合った商品展開が可能です。

③ バリアブル印刷

版レスの最大のメリットは「すべて同じデザイン」でなくても可能という事です。デザインをランダムに入れる事によってパッケージ自体の付加価値を高める事が可能です。

バリアブル印刷
  • 会社案内
  • 商品サンプルと特長
  • デジタル印刷